トップページ > ブログ

ブログ

近畿大学性が視察

先日、近畿大学理工学部機械工学部の学生9名が工場見学に来て意見交換をしました。現在織機の生産をしておらず、部品が壊れた際の供給が出来ない課題を話したところ、3Dプリンターで部品を再現できる等近畿大学が持つ技術を紹介してくれました。今まであきらめていた部品供給に、明かりがさしこんだようです。

scan-7 scan-6

福島の雑誌Monmoに掲載

福島の大人の情報誌Monmo盛夏号に「ふくしまの手しごと 作り手を訪ねて」に掲載されました。

薄くて、軽くて、やわらかい川俣シルクの良さを実感してと出ております。

scan-6

 

見学に来ました。

栃木県から知人が工場見学に来ました。以前から織物工場を見たかったらしく感激しておりました。

仲間

バレンタイインデー

今年の冬は寒さが続きあちらこちらで積雪の話題が絶えません。福島県川俣町でも毎日のように氷点下が続いております。

さて、2月のイベントとしてバレンタインデーがあります。女性から愛を告白すると言う男性の皆様にとって待ちに待った日かもしれません。

女性から男性へ一方的に贈り物をするので、別にチョコレートとは限っていません。

バレンタインデーにはおしゃれなリバーシブルポケットチーフはいかがでしょうか?

 

パープル×白

パープル×白

 
エンジ×ベージュ

カワマタシルクフェスティバル 秋

川俣シルクの即売会(秋)を10月28日から11月5日までかわまたおりもの展示館・からりこ館で開催します。川俣シルクを一堂に集め格安で販売します。

時間午前10時から午後5時まで

KAWAMATA SILK FESTIVAL

4月29日から5月7日まで、川俣のシルクを一堂に集めて販売する「KAWAMATA SILK FESTIVAL」が道の駅川俣施設内のおりもの展示館・カラリコ館で開催します。普段より安く販売しますのでお買い得です。また同時に無料でポケットチーフ染やコースター手織り体験もできます。ぜひいらっしゃつて下さい。

B2‚½‚Ä_A]

磐越自動車道阿武隈高原サービスエリア

3月1日より、磐越自動車道阿武隈高原サービスエリア上下線にて、川俣シルクと川俣綿シルクを販売しております。磐越道を通行のさいはお立ち寄りしてください。

取材に来ました。

川俣にあるシルクピアの職員二人が取材を兼ねて工場見学に来ました。シルクピアは川俣の特産物の情報を発信する場所であり、お客さんがどのような商品を求めているか等の情報収集の場所でもあります。そして、製造者がそれにこたえられるようものつくりをすることにより日本製の良さを広める事が出来ます。ですから、職員の皆さんもものつくりの現場を見てほしいですし、お客さんの声を伝えてほしいのです。

 

ピア見学1  ピア見学2  ピア見学3

来社しました。

福島を代表するハーブ研究家の瀧田氏と書道家の陽華先生が来社しました。二人ともその道の代表するお方です。特に瀧田氏とは福島民報サロンで執筆した同期であり10年くらいの付き合いです。今年1月2日午後3時よりに郡山エスパルで、陽華先生の書初めとコラボで演奏することになりました。次回はシルク生地に書をお願いいたしました。

瀧田1 瀧田3

 

川俣シルク工場見学

取引先のT銀行の担当の方が工場見学に来ました。川俣シルクストールの製造工程を説明して実際の現場を見てもらい、細い糸が織りなすものつくりの技に感動をしていました。

ちなみに彼は甲子園球児です。誰でも見学は可能ですので連絡ください。

見学1

1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ