トップページ > ブログ

ブログ

取材に来ました。

川俣にあるシルクピアの職員二人が取材を兼ねて工場見学に来ました。シルクピアは川俣の特産物の情報を発信する場所であり、お客さんがどのような商品を求めているか等の情報収集の場所でもあります。そして、製造者がそれにこたえられるようものつくりをすることにより日本製の良さを広める事が出来ます。ですから、職員の皆さんもものつくりの現場を見てほしいですし、お客さんの声を伝えてほしいのです。

 

ピア見学1  ピア見学2  ピア見学3

来社しました。

福島を代表するハーブ研究家の瀧田氏と書道家の陽華先生が来社しました。二人ともその道の代表するお方です。特に瀧田氏とは福島民報サロンで執筆した同期であり10年くらいの付き合いです。今年1月2日午後3時よりに郡山エスパルで、陽華先生の書初めとコラボで演奏することになりました。次回はシルク生地に書をお願いいたしました。

瀧田1 瀧田3

 

川俣シルク工場見学

取引先のT銀行の担当の方が工場見学に来ました。川俣シルクストールの製造工程を説明して実際の現場を見てもらい、細い糸が織りなすものつくりの技に感動をしていました。

ちなみに彼は甲子園球児です。誰でも見学は可能ですので連絡ください。

見学1

クリスマスプレゼントに川俣シルクをどうぞ。

最近若い人たちがおしゃれにスカーフやハンカチをバックにまいたり手首に巻いてファッションを楽しんでいます。弊社の製造している川俣シルクのスカーフやシルク綿のハンカチも50cm×50cmですのでちょうど良い大きさです。

現在、ANTEPRIMAやFURLAのブランドに使用されています。クリスマスのプレゼントにいかがでしょうか?

DSC_0525 DSC_0526

アルゼンチンからのお客様

先日、仙台の知人からの紹介でアルゼンチンコルドバから、ホアキンさんとエリザベスさんが工場見学に来ました。アルゼンチンには織物工場がないらしく大変興味を持って見学していました。特にシャトルの形状が新幹線のようで、動きも早い事から新幹線と言って喜んでおりました。ホアキンさんは、初めての来日でしたが日本の文化が好きなようですので大変有意義な見学だったようです。

 

エリザベス

日照海通有限公司

先週、山東省日照海通公司から孫経理と辛副経理そして繭の会社から劉総経理の3人が会社に来ました。山東省の生糸は中国の中でも一番良い糸をひいており、日本のほとんどの織物工場が使っているとのことです。日本の糸が少なくなっているので貴重な存在です。これからも日本向けにより良い糸を作るとのことでした。

秋はおしゃれに川俣ストール

今年の夏は例年以上に台風が多く各地で雨風の被害が発生いたしました。これから初秋に入り川俣ストールをおしゃれに着飾ってはいかがでしょうか?なんといっても軽くてふんわりと優しい川俣ストール。また保温性にも優れ暖かく使用もできます。全国通販様にも取り上げていただき全国の方から称賛が届いております。

京都通販カタログ

京都通販様のカタログ販売で川俣シルクの購入が出来ます。

富岡市 絹工房様で取り扱っています。

世界遺産で有名になりました群馬県富岡製糸場前にある絹工房様でシルクストール・リバーシブルポケットチーフ・シルクシュシュを取り扱っております。富岡製糸場のすぐ前にある店舗ですので世界遺産を見に行ったときにぜひ回ってください。

オール近大 川俣町復興支援プロジェクト

オール近大、川俣町復興支援プロジェクト報告会が行われました。近大と言えばマグロの養殖で有名です。今日は、マグロの解体ショーも行われ多くの人がおいしい刺身を頂きました。 また、弊社と近大の取り組みも紹介されました。

まぐろ  近大jpg  近大2

 

このページの先頭へ